〇〇のスピードを最速にしよう!サッカーにおける「速い選手」の定義とは

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

サッカーをプレーする上で速い選手とはどんな選手でしょうか。単純に短距離走が速い選手?ボールを持ってもスピードが落ちない選手?これらも大事な要素ですが、もっと大事なことを理解している選手がサッカーの中で最も速い選手です。

ではどんなことを理解すれば、最も速い選手へ近づけるのでしょうか。

サッカーの中で最も速い選手とは

短距離走が速い選手や、ボールを持ってもスピードが落ちない選手はそれが武器となります。圧倒的なスピードはDFにとっても脅威であり、気にかけなければならない選手。しかしもしそのスピードと同等な選手が相手にいたら?スピードに乗せる前に守備の形を整えられるDFがいたら?その選手の良さはなくなり、平凡な選手になるでしょう。

サッカーでの速い選手は足の速さではありません。速くプレーできる選手の前では、単純な足の速さなど意味を持たない。

「認知・選択・判断・実行」これらの一連の流れがよりスムーズに行える選手が、速い選手です。

どういうことか。ボールが来る前に状況を把握・認知しその状況に適したプレーをいくつか選択する。その選択したプレーの中から最も適したプレーを判断し正確に実行に移す。プレーが速い選手はこれらのことを一瞬でやってのけます。

例えばこのプレーが速い選手に対して、足が速い選手がプレッシャーをかけたとしても簡単にいなされるでしょう。単純なダッシュ力で勝てなくても頭の回転の速さでカバーしてしまいます。

足の速い選手ではなくプレースピードが速い選手に

育成年代から目指すべき選手はプレースピードが速い選手。もちろん足の速さも大事な要素ですが、それよりも認知・選択・判断・実行のスピードを高めた方が、効果的にプレーすることができます。

足の速さは誰もが備えることは難しいですが、プレースピードは意識してトレーニングに取り組めば、必ず身に付けられます。ぜひ最も速い選手へ成長していけるよう取り組んで下さい。


◆関連記事◆
スピードに自信のある選手は「自分の武器」を活かしたドリブル技術を習得しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です