「偽9番」の利点とは?0トップシステムは攻撃的かつ有効的なフォーメーション!

当時FCバルセロナやASローマが採用していた0トップシステム。偽9番の位置にはメッシ、トッティがそれぞれ採用され、攻撃のバリエーションを豊かにさせました。最近ではCLで大躍進を見せたアヤックスも、タディッチを偽9番にした0トップシステムを採用していました。

そこで今回は、0トップシステムとはなにが有効的なシステムなのか、どんな戦い方に向いているのかについて詳しく見ていきます。

0トップシステム(偽9番)とは

0トップシステムとは、CF(9番)の選手を置かないシステム。バルセロナではメッシ、ローマではトッティのような1.5列目や2列目を得意とする選手を配置することで、中央のエリアや中盤で数的優位に攻撃が展開できるシステムです。

CFを置かない戦術は攻撃面において様々なバリエーションをもたらし、相手CBも誰がどの選手をマークすれば良いのか混乱してしまうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です