「上手い選手」と「怖い選手」の違いとは? ~なぜ上手いだけの選手はトップレベルで通用しないのか~

「上手い選手」と「怖い選手」この2パターンは似ているようで全く違います。そしてサッカーをプレー上で、目指すべきは「怖い選手」。小学生年代の子はたくさんボールに触れて、テクニックのある選手になりたいと思う子が多い。もちろんテクニックやボール技術は必要な能力です。しかし近年では日本の育成年代ではテクニック面ばかりに目を向けられ、上手いが怖い選手ではない子ばかりが育っているように感じます。

「上手い選手」と「怖い選手」はどんな違いがあるのか。なぜ「怖い選手」を目指すべきなのか。

「上手い選手」と「怖い選手」の違い

上手い選手とはボール技術に優れ、テクニックが高い選手など。ボールを扱うことに長けていて、見ていて上手いしワクワクする感情を抱きます。しかし、プロ選手でも上手いけど代表には選ばれない。テクニックはあるけど強烈なインパクトを残せない選手は存在します。

なぜ上手いだけの選手ではトップレベルでは通用しないのか。そしてこの差が上手い選手と怖い選手の差なのです。

では怖い選手はどんな選手なのか。それは常にゴールを目指し、ゴールに直結するプレーができる選手です。一見シンプルなことだと思われますが、実はこの意識を常に持ち続けてプレーしている選手は日本では多くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です