世界で活躍するFWは「オフザボール」に長けていた!習得するべきオフザボールの動き4選ご紹介!

FWの選手が得点を奪うためには、技術だけでなくシュートができるスペースを自ら確保できるオフザボールの動きが重要。特にゴール前ではほとんどスペースがないため、一瞬の動きやポジショニングが大事になります。

世界で活躍するFWはどの選手もオフザボールの動きがうまく、ポジショニングが上手いです。FWの動き出しにはいくつかポイントがあります。

そこで今回は世界で活躍するFWが持っているオフザボールの動きについてポイントをまとめてみました。詳しくご紹介していきます。

FWが習得するべきオフザボール①:相手の死角をとる動き

FWが動き出せば必ずCBがマークにつき、もしくはMFと連携をとってスペースを埋めます。なぜならFWへ縦パスが入ると、攻撃がスピードアップし失点のリスクが高まるからです。

そのためFWが相手CBの前で見える状態から動き出せば、必ず激しいプレッシャーに合うでしょう。インターセプトをされ、カウンターを受けるかもしれません。

そんなときに意識するべきことが、相手の死角をとって動き出すこと。例えば味方のボランチがボールを保持している場面。足元でボールを受けるときに最初からCBの前で動き出せば、動きを読まれ素早く対応されます。そこであえて相手の背後・後ろから動き出すことで、一瞬死角となりDFの反応は遅れる。この一瞬のプレースペースを作れる選手が、良いFWの条件でしょう。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です