世界で活躍するFWは「オフザボール」に長けていた!習得するべきオフザボールの動き4選ご紹介!

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

ボールが無いところでどんな動きをするべきか?

FWの選手が得点を奪うためには、技術だけでなくシュートができるスペースを自ら確保できるオフザボールの動きが重要。

特にゴール前ではほとんどスペースがないため、一瞬の動きやポジショニングが大事になります。

世界で活躍するFWはどの選手もオフザボールの動きがうまく、ポジショニングが上手いです。

FWの動き出しにはいくつかポイントがあります。

そこで今回は世界で活躍するFWが持っているオフザボールの動きについてポイントをまとめてみました。

詳しくご紹介していきます。

◆関連記事◆
FW必見!「素早いボールへの反応」と「素早い反転」の技術を高めてゴールを量産しよう!



①:相手の死角をとる動き

FWが動き出せば必ずCBがマークにつき、もしくはMFと連携をとってスペースを埋めます。

なぜならFWへ縦パスが入ると、攻撃がスピードアップし失点のリスクが高まるからです。

そのためFWが相手CBの前で見える状態から動き出せば、必ず激しいプレッシャーに合うでしょう。インターセプトをされ、カウンターを受けるかもしれません。

そんなときに意識するべきことが、相手の死角をとって動き出すこと。例えば味方のボランチがボールを保持している場面。

足元でボールを受けるときに最初からCBの前で動き出せば、動きを読まれ素早く対応されます。そこであえて相手の背後・後ろから動き出すことで、一瞬死角となりDFの反応は遅れる。

この一瞬のプレースペースを作れる選手が、良いFWの条件でしょう。

②:ポストプレーに入る

FWは常に裏を狙い、ゴールだけを狙い続ければ良いというわけではありません。確かに常にゴールを狙い続けることは大事です。

しかしそれだけでは良いFWではありません。良いFWは得点を決めるだけでなく、攻撃の起点となるプレーも非常に上手いです。

その1つがポストプレー。

なぜポストプレーが必要なのか。

それは味方のDFラインでボールをポゼッションしているときにずっと横パスを繋いでいるだけでは、相手からプレッシャーを受け奪われてしまいます。

そこでMFの選手だけでなく、FWも縦方向に逃げ場を作り出すことで、攻撃を活性化できる。

後方からのビルドアップを手助けすることも近年ではさらに重要視されています。

◆関連記事◆
【小学生向け】ボディフェイントで相手を抜ける技術を習得しよう!

③:味方が前を向いたときの裏への抜け出し

味方が前を向いて良い状況でボールを保持しているとき。

この場合の優先順位は相手の背後、裏のスペースです。

なぜなら裏のスペースをとれることで、最短でゴールへ近づけるから。

パスの優先順位としてもまず相手の裏のスペースを狙うことが基本です。

まずは裏へ動き出すこと。もしパスが来なくても相手DFラインを押し下げることができ、DFとMFのライン間でボールを受けられる選手が出来る。

この動きは縦の幅を有効に使えるオフザボールでもあり、常にゴールを意識して動き出すことが重要です。

④:センタリング時は必ず中へ入る

味方がサイドを切り崩し、センタリングを上げようとしたときに中に誰もいない場面はプロの試合でも見受けられます。

これは近年の戦術の中で、FWが積極的にサイドに流れたり中盤へ下がることも求められていることが原因なのかもしれません。

しかしせっかくサイドを切り崩したのに中央に誰もいなければセンタリングを上げられません。

このような時はどうすれば良いのか。

FWの選手はセンタリングができる場面になったら走り出すのではなく、サイドを切り崩せそうだと感じた瞬間にはゴール前に走り込まなければいけません。

確かにサイドに流れたり中盤に下がってビルドアップや起点となる動きは非常に重要です。

まとめ

かがだったでしょうか?

いざ決定的な場面でゴール前に誰もいないのは自らチャンスを潰しているようなもの。

FWはチャンスを感じ取る力も大事です。

なぜ世界のストライカーは得点を量産できるのか。それはチャンスを感じ取り、自ら動き出しゴール前に向かうからです。

「チャンスを感じ取る力」これは常にゴールを目指している選手が得られるものなのかもしれません。

◆関連記事◆
【小学生向け】ボディフェイントで相手を抜ける技術を習得しよう!
FW必見!「素早いボールへの反応」と「素早い反転」の技術を高めてゴールを量産しよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です