ポゼッションで大事なのは相手の裏でボールを受けること

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

ポゼッション思考のサッカーを展開するためには、選手1人1人の正確なポジショニングが欠かせません。ボールの受け方はその場の状況により異なりますが、1つ大事なことで「相手の裏でボールを貰う」ということがあります。

相手の裏でボールを貰うポジショニングとはどういったことなのか。どんな状況を作り出せるのかを詳しくご紹介していきます。

相手の裏でボールを貰うポジショニングとは

相手の裏でボールを貰うポジショニングとは、相手の守備ラインの裏でボールを貰うこと。

例えば味方のCBがボールを保持していたとして、相手のFWが2枚プレッシャーをかけようとしている。この場合相手のFWが1枚目の守備ラインです。

自分がMFだとしてCBからパスを引き出したい場合、相手FW・守備ラインの裏でボールを受けることが重要。FWの守備ライン裏でボールを受けられれば、パス1本で守備2人を交わしたことになります。そうすることで数的有利の状況を作り出せるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です