ポゼッションで大事なのは相手の裏でボールを受けること

ポゼッション思考のサッカーを展開するためには、選手1人1人の正確なポジショニングが欠かせません。ボールの受け方はその場の状況により異なりますが、1つ大事なことで「相手の裏でボールを貰う」ということがあります。

相手の裏でボールを貰うポジショニングとはどういったことなのか。どんな状況を作り出せるのかを詳しくご紹介していきます。

相手の裏でボールを貰うポジショニングとは

相手の裏でボールを貰うポジショニングとは、相手の守備ラインの裏でボールを貰うこと。

例えば味方のCBがボールを保持していたとして、相手のFWが2枚プレッシャーをかけようとしている。この場合相手のFWが1枚目の守備ラインです。

自分がMFだとしてCBからパスを引き出したい場合、相手FW・守備ラインの裏でボールを受けることが重要。FWの守備ライン裏でボールを受けられれば、パス1本で守備2人を交わしたことになります。そうすることで数的有利の状況を作り出せるでしょう。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です