攻守の切り替えは小学生年代から意識するべきこと

DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

サッカーの中でも必ずある攻守の切り替え。この切り替え時のプレーはとても重要で、一瞬の判断ミスで失点へと繋がってしまいます。この切り替えは小学生年代から意識するべき点です。しかし攻守の切り替えといっても、どのタイミングなのか、どこで意識するべきなのか分からない子も多いのではないでしょうか。そこで今回は、攻守の切り替えのタイミングについて詳しくご紹介きていきます。

 

攻守の切り替えとは

攻守の切り替えとは、攻撃→守備・守備→攻撃へと移り変わる瞬間のことです。攻守の切り替えによってサッカーは展開されていきます。さらに攻守の切り替え時の一瞬の気の緩みで失点にまで繋がってしまうなど、サッカーの中でも重要な場面です。

しかし攻守の切り替えは相手からボールを奪った時、またはボールを奪われた時と考える子がとても多い。しかし実際はそのタイミングではレベルが上がるにつれ、「判断が遅い」となります。ではどのタイミングで攻守の切り替えを考え、準備するべきなのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です