最強FW高原直泰〜40歳となった男は現在何をしているのだろうか〜

photo:omiya.keizai.biz

若い頃から将来を期待されていた高原直泰さん。日本のサッカー史の中でも別格なFWであり、日本だけでなく、ドイツでも活躍されていました。近年ではドイツでプレーする日本人選手も多いですが、ドイツでの日本人選手の株を上げたのも、高原直泰さんでしょう。

そんな高原直泰さんも今では40歳。選手としてはすでに引退していてもおかしくない年齢ですが、高原直泰さんは今何をしているのでしょうか。

 

高原直泰のサッカー人生

高原直泰さんは清水東高校時代から、その才能を高く評価されていました。アンダー世代日本代表にも招集され、高校卒業後にはジュビロ磐田に入団。開幕戦でいきなりゴールを決めるなど、ルーキーの頃からジュビロ磐田の中心選手としてプレーしました。

2000年のシドニー五輪ではU-23日本代表として、中田英寿さん・中村俊輔さんらと共にプレーし、決勝トーナメント進出に大きく貢献。フル代表にも選出されるようになり、アジアカップで優勝し、ベストイレブンにも選出されるなど日本を代表するFWとして活躍してきました。

その後もジュビロ磐田の中心選手として他を寄せ付けない圧倒的な強さを見せつけます。MVP・史上最年少得点王・ベストイレブンなど、個人タイトルを総なめし、FWとして別格の選手へと成長していきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です