多様な戦術の中で生き残るために 〜「サッカーの本質」とはなにか〜

ポゼッション・カウンター・ゲーゲンプレス…。サッカーには多くの戦術が存在します。Jリーグや日本代表でも、監督によってフォーメーションや戦術が変化し、選手たちは対応できる能力がなければ生き残ることは難しいです。しかし戦術やフォーメーションもどんどん新しいものができ、サッカーは常に進化を続けています。目まぐるしい変化の中で選手にとって大事なことは何なのでしょうか。

 

サッカーの本質を理解すること

サッカーの本質とは何か。それは「相手よりも多くゴールを決めること」。戦術とはあくまでゴールを決めるための過程であり、戦術的なチームが必ず勝つ訳ではありません。相手よりも1点多く得点を決めたチームが勝つのです。

近年では中学・高校生はもちろん、小学生でも戦術的なサッカーをするチームが増えてきました。しかしどことなく戦術にこだわるがあまりサッカーの本質、一番大切なことを忘れている子が育っているように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です