潰れたクラブの悲哀〜なぜJリーグへの道は閉ざされてしまったのか〜

JFLに所属しているチームや、地域リーグ・都道府県リーグに所属しているチームの中で、Jリーグ加盟を目指したチームはこれまでにもいくつかありました。Jリーグを目指すチームは、「日本サッカープロリーグ(Jリーグ)」へ参戦することを目指していることを公式に表明しています。

しかし過去には、Jリーグへの参戦を目指すことを公式に表明したものの、その道のりの中で撤回・失敗・破綻のいずれかに至ったチームもいくつかありました。なぜJリーグへの道が閉ざされてしまったのか?なぜ計画は失敗に終わったのか?その原因についてご紹介していきます。

 

Jリーグ加盟の計画が閉ざされた理由

Jリーグ加盟を目指したものの、その道を閉ざしてしまったチームはいます。そのチームにより失敗の理由は異なりますが、いくつかまとめました。

資金難

まず挙げられるのが、経営などの資金難。スポンサーや運営母体・会社などの経営難により、Jリーグ加盟への計画が難しくなってしまいました。

計画に乏しい

Jリーグ加盟を目指すことを発表したものの、そこまでの道のりや将来についての計画性が乏しく、見切り発車をしてしまう計画のなさが原因のチームもあります。

またJリーグ加盟の公式発表をビジネスチャンスや広告宣伝手段としてしか考えていない運営母体やオーナーなどとの考えの不一致も原因としてあるそうです。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です