怪我との付き合い方がサッカー生命を変える!しっかり治して復帰しよう

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

捻挫の場合、少しの痛みだからといって試合を続行してしまう事がありますが、これはやめてくださいね。きちんと痛みを訴えて一時ピッチを離れるのは英断ですよ。

捻挫を甘く見て処置を怠ったり完治していないのに練習に参加したりしてしまうと、靭帯や間接が緩んだ状態のまま負荷がかかってしまい、また同じ場所で捻挫が起こります。

捻挫を繰り返す子供は、ここでの処置がしっかりできていないからなのですね。

怪我をしてピッチから離れている間は、遅れをとってしまうという焦りからモヤモヤするかもしれません。

ですが、怪我をしている時というのは、体が今は休めと伝えてきている状態でもあります。

それに、治療中はサッカーに関する事が何もできないわけではありません。

怪我をしていない部位だけ無理のないペースでトレーニングしたり、ストレッチを取り入れたりといったフィジカルへのアプローチが出来ます。

完治したらサッカーにとことん打ち込めるよう、気持ちを高めておきましょうね。

食事の面でも、カルシウムやタンパク質、ビタミンを意識して取るようにしましょう。

日頃からストレッチなどで体を柔らかくして、日々こまめな疲労回復を心がける事で突発的な怪我を抑える事は可能ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です