指導者との関係を良好にするために

子供が楽しくサッカーをし、上達するためには、親と指導者との関わり方も大きく影響してきます。

コーチや監督と親の考え方が違っていたり言う事がバラバラだったりしたら、子供は方向性がわからなくなり、輝きを失います。

子供の指導をお願いしているコーチや監督との関係を良好にするには、どうしたらいいのでしょうか。

指導者も親も一人の人間

親からすれば、指導者は子供達を完璧に見て全員を平等に扱うべき存在です。

しかし、残念ながら、個人的感情で物を見て子供に当たるようなコーチも少なからずいますよね。

子供のサッカー環境を良くするには、まず指導者を良く見る事です。

どういう思想を持って子供に向き合っているのか、納得した上で入団しましょう。

また、自分の子供がレギュラーから外されてしまった時、指導者に対して文句をいい詰め寄る親がいます。

レギュラーを外されたと言う事は、何かしらの理由が必ずあるのです。

子供と話しても原因がわからないのであれば、イライラが募る前に文句ではなく質問をしてみましょう。

大切なのは、親と指導者との人としてのコミュニケーションです。

親がコーチやチームを信頼し、協力する気持ちを持って問いかければ、相手からも信頼が返ってきます。上達へのアドバイスがもらえるかもしれませんよ。

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です