子供の才能を伸ばすために必要なのは信じてあげるという事

子供がサッカーを始めると、試合の結果やポジション争いなどで、親も何かと気持ちが揺れ動きやすくなるものですよね。

「レギュラーを取って欲しい」「試合に出て勝って欲しい」そんな思いから、ついつい子供に色々言ってしまいたくなる事もあるでしょう。

ですが、本当にサッカーが上手くなって欲しいならばグッとこらえて我慢です。

親の在り方によって、その後の子供の方向性をも変えてしまう可能性すらあるのです。

子供は親の信頼とサポートによって成長する

保護者のこんな声を耳にする事があります。「うちの子はどうせ下手だから」「もう!何やってるのあの子!」心配と期待からくる言葉でしょう。気持ちはわかります。

ですが、これが子供の芽を摘んでしまう言葉でもあるのです。

才能を伸ばすには、まず親が一番に子供を信じてあげる事が大切です。あなたなら出来ると、自信をもたせてあげるようにしてください。

親が不安そうにしていたり将来を諦めたりしてしまえば、子供にすぐに伝わります。漠然とした感情でもいいのです。とにかく認めて信じてみましょう。

たとえ今サッカーが上手いと言えなくても、いつどこで才能が開花するかはわかりません。子供が楽しくプレー出来るように、いつも暖かくサポートしてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です