選手の感情表現を大切に。世界で戦える選手を輩出するには

前回のコラムでも紹介しましたが、私は毎年、世界各国に育成年代の選手たちを引率しています。世界のさまざまなカテゴリーの大会に参加するにあたり、私は日本の選手たちのレベルが、世界の相手にどれだけ通用するのかも確認しています。

大会会場で、現地の指導者と話す機会を多く持ちます。彼らは口をそろえて私に、「日本人はうまい」と言ってくれます。しかし、私はこの言葉にある“違和感”を感じているのです。

世界の指導者は結果を求める選手を評価する

海外の指導者は、私にお世辞を言っているのか。はじめはそう思いました。しかし毎年、私は選手たちの海外引率をとおして、日本人選手の技術が海外の選手に通用するシーンが、年々増えているのを見ています。私は「日本人はフットボールが上手」と胸を張って言えます。

そこで私は、よく冗談半分で現地の指導者に「では、そちらのクラブでウチの選手を使ってください」と伝えると、大体の指導者が「(技術が)うまくても戦えない選手はなあ……」と、吐露します。私はこのフレーズを、海外で何度も受け止めてきました。

「日本人のフットボールは上手いが、選手として使えない」。技術があり、プレーも通用しているのにもかかわらず、選手として認められない違和感。私はこの気持に対して、海外遠征をはじめた当初は腑に落ちませんでした。

しかし、私が指導者として歩みだした頃、一緒に仕事をしたスペイン人指導者の言葉がその妄執を晴らすヒントとなりました。彼は私に「日本人の子供たちのフットボールは、まるでお遊戯会だね」と言うのです。言われた当時は正直、理由を深く考えませんでした。しかし指導者としての経験を重ねるなかで、そして世界の育成カテゴリーの選手に目を追っていくことで、この言葉の真意が痛いほど突き刺さってきました。

つまり日本人のプレーは「結果を出そうとしない、戦っていないプレー」を意味していたのです。フットボールはゴールを決めて、勝ちにいく競技です。技術のうまさは勝利という結果を出すための手段に過ぎません。

日本と海外クラブの下部組織の事情は異なります。海外プロクラブの下部組織の指導者は、選手の育成はもちろんですが、試合での結果が翌年の契約更新に大きな影響を及ぼします。結果を出さなければクビになるのです。そうなると選手の獲得も、「勝利のためにプレーできる選手」がベースとして備わっていなければなりません。

育成の段階において結果を求めすぎると、過度の勝利主義や競技思考となってしまう恐れもあります。ただ、海外のクラブの下部組織には、すでにプロフェッショナルイズムが根付いており、それが世界最高峰の選手を輩出できる理由もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

平川正城

平川正城(ひらかわまさき)神奈川県出身。ユース年代は「清商」の愛称で親しまれたサッカー名門校、清水商業高校(現清水桜ヶ丘高校)から、湘南ベルマーレへ。湘南-草津-Y.S.C.C.-SC相模原とJリーグクラブを渡り歩き引退。スポーツをとおして、日本の子どもたちと世界の架け橋になることを目的とした「MASAKI SPORTS ACADEMY(MSA)」を2013年に設立。現在は海外仕込みのメソッドを日本人向けに改良した独自の「MSAメソッド」を確立し、日本全国のMSAにて子供達へ伝えている。JFAこころのプロジェクト「夢先生」も務める。