イタリアのカルチョを日本へ。日本サッカーの常識を覆すACミラン千葉の取り組みと野望

スタディサプリTOEIC対策パーソナルプラン
7日間無料体験&2021夏得キャンペーン8月度実施中!夏得キャンペーン月額5,408円~でオンライン完結型TOEIC対策パーソナルプランが受講可能。目標達成に向けた全体学習プランが担当コーチより作成され、マンツーマンで問題を解決。更にプログラム修了後、ベーシックプランが32,736円お得になるクーポンも配付中です!
詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

コロナウイルスの影響もあり、スポンサーの減少や資金の調達ができず破産してしまうチームがプロ・アマ合わせて世界各国で相次ぎました。そんな中、今日本サッカーで唯一無二の取り組みを行おうとしているチームが千葉にあるのはご存知でしょうか?

取り組みを行なっているのは、経営者・柏原英輝さんとテクニカルディレクター・長内秀樹さん。明らかに異彩を放っている二人は、佐倉市に350人のスクール生を抱え、今年度新たに八千代市にトップチームとユースチームの設立を発表しました。

不況の中、彼らはなぜチームの拡大に成功したのか。ACミラン千葉が目指す新たなチーム経営の形とその野望をサカレコ編集長・井手がインタビューを行いました。


サッカークラブを通じた新しいビジネスモデル

—— まずは八千代に新チーム設立おめでとうございます。

柏原 長内 ありがとうございます

—— 改めて、ACミランアカデミー千葉の運営以外に、他にどのような事業をされているかをサカレコユーザーへご説明いただいてもよろしいでしょうか。

柏原 接骨院、エステ、語学、体操教室、ドローンの運営、飲食店、プログラミング教室、BRAST(建設業)などをやっています。

——幅広く手がけられているんですね。では、経営者として、日々心がけていることはありますか?

柏原 サッカークラブを通じて新しいビジネスモデルを作っていくことです。今までの概念を覆し、新しいモデルを作っていくことを今一番心掛けています。

今日決まったことですが、クラブが銀行と提携しました。これでクラブの中でファイナンスが利用できるようになります。例えば、留学でお金が払えない人のために、ローンを組んであげるといった仕組みが可能になるので、商品をファイナンス付きで売っていくことが可能になります。このように、どのチームも行っていないような仕組み自体を変えていくことが重要です。

——今現在実施されている事業の魅力はなんですか?

柏原 クラブの価値を上げることができるのが魅力ですね。街クラブで(ミランという看板があるが)できるっていう魅力。サッカーだけではなくて、新しい技術を取り入れていきながら、大きくしていけるのが魅力です。

——経営者として、どのような方を雇用したいですか?

柏原 誰かのために何かをできる人ですかね。チーム(会社)のために何かできる人。

—— ACミランアカデミーを経営するきっかけは?

柏原 きっかけは、なんだったかな(笑)

長内 毎年2月頃にミランアカデミーで子供向けにクリニックをやっていて(当時ミランは別会社と提携していた)、そのイベントのスポンサーをBRASTにお願いしていました。スポンサーと、ドローンで撮影なども行っていました。で、前オーナーが引き継ぎ先を探しており、BRASTに引き継いだという形ですね。

柏原 だから、初めはやりたくてやったわけでは無いよね(笑)

——現在はユースがU-13〜U-18、トップチームと女子チーム、アンプティサッカーなど様々なチームを設立されていますが、なぜ今回八千代に新たにチームを設立することを決めたのでしょうか?

柏原 ビジネス路線で、拡大を求めていました。今佐倉市でやっているように、色んな地域の新しいマーケットを開拓したかったんです。3年計画で最低10チーム規模にしていきたいと考えていて、今現在佐倉市に350人、八千代にも同じ規模で作っていく予定です。そこで、スポンサーを獲得していき、ビジネスを広げて行くのがこれからのアプローチですね。

◆関連記事◆
サカレコ編集長 井手ウィリアム航輔、ACミランアカデミーに殴り込み!?
千葉で本場イタリアのサッカーを学ぶならACミランアカデミー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です