「守る」から「奪う」へ。早いうちに身に着けたい奪う守備の意識

サッカーには大きく別けて攻撃と守備の局面があります。攻撃に比べるとチームがオフ・ザ・ボールの状態である守備は、選手にとってネガティブな気持ちになりやすい傾向にあります。その理由に「守備は耐えるもので辛く苦痛なもの」と感じてしまうことが挙げられます。では、選手が積極的に守備をためには何が必要なのでしょうか?

守備は受け身ではなく果敢にボールを奪いにいくことをだと認識しよう

『孫子の兵法』の中に「勝つべからざるは守るなり、勝つべきは攻むるなり」という一説があります。これは「勝てそうもないのならとにかく守れ、勝てそうな戦いにおいては、攻撃こそが最大の防御になる」という意味になるのですが、サッカーはそれぞれのチームが勝つためにプレーをしているので、ここでは「攻撃は最大の防御なり」が当てはまります。

サッカーの守備はこれと同じニュアンスです。相手のプレーにリアクションばかりの対応は受け身の守備。相手にとって脅威にはなりません。相手からボールを奪い取るアクションを積極的に仕掛ける守備こそ、ボール奪取に拍車がかかり勝機が増えるのです。

また、守備のゴールはボールを奪うことです。相手がボールをロストしたり、相手のボールをクリアしてタッチラインを割ることがベストのプレーではありません。守備から攻守のトランジション(切り替え)はチームがボールを奪うことで始まるのが前提であることを意識しましょう。チームや個人のレベルにもよりますが、守備に関する要求はボールを奪い切れるかどうかまで突き詰める必要があります。

・グループ守備はチャレンジ&チャレンジの気持ちで

プレーの状況が1対1、1対2、2対1、2対2……と複雑化になるにつれて、守備におけるチャレンジ&カバーの連動は鍵となります。チャレンジする選手は、できるだけ早くボールホルダーにアプローチしてプレーの制限を試み、カバーを担当する選手は、チャレンジャーが抜かれた後とパスされた後のリカバリーを担います。

ここでは2人の役割は異なりますが、共通の目的としてはボールを奪うことです。ですから2人は終始にわたり、ボールを奪うために守備をしていることを忘れてなりません。つまり、グループで守備を行う際は「チャレンジ&チャレンジ」の精神で挑むことで、相手にとっては攻撃がしにくい状況となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です