【レジェンドのDNA】ルート・ファン・ニステルローイの現在と輝かしい経歴

ルートファンニステルローイの記事

オランダが産んだ天才FW ルート・ファン・ニステルローイ

ルート・ファン・ニステルローイ(以後、ファン・ニステルローイ)はPSV、マンチェスターユナイテッド、レアル・マドリーなどヨーロッパで活躍したオランダ人FWです。オランダ代表としても活躍した選手であり、輝かしい経歴を持ちます。そんなファン・ニステルローイはオランダ代表の先輩でレジェンドであるFW パトリック・クライファートと同じ生年月日であり、身長や体重まで同じという多くの共通点を持ちます。

ファン・ニステルローイのサッカー人生

1993年、その将来を大いに期待され17歳という若さでプロデビューを果たします。デビューチームはオランダのデン・ボス。デビュー後は年齢を重ねる毎に順調に成長して、1997年にへーレーンフェーン、翌年にPSV(共にオランダ)へと移籍してステップアップしていきます。PSVでは1999-2000年シーズンにリーグ戦23試合で29得点、8アシストを記録してリーグ優勝に貢献。翌シーズンにはリーグ連覇に貢献して、2001年に名門マンチェスター・ユナイテッドへ移籍をします。

マンチェスター・ユナイテッドでは、加入初年度から大活躍。プレミアリーグでは23得点を記録。さらにチャンピオンズリーグでは14試合で10得点を記録して得点王に輝きました。02-03シーズン、04-05シーズンのチャンピオンズリーグでも得点王に輝き、3度のCL得点王となりました。

2006年にはレアル・マドリーへ移籍。06-07シーズン、07-08シーズンとリーグ優勝に貢献。その後はハンブルガーSV、マラガを経て2012年に現役を引退しました。

https://youtu.be/OfUvji2My_0

動画=YouTube:【オランダ代表】Ruud van Nistelrooy All Goals For Real 

オランダ代表としては1998年から2011年の13年間プレーをしました。2006年にはドイツW杯メンバーに選出されましたが、当時監督のファン・バステンの起用法などに不満を持ち、その後は代表召集を拒み続けますが、2007年にファン・バステン監督と和解し、2007年8月22日のスイス戦から代表に復帰しました。翌年に代表引退を表明しますが、2010年南アフリカワールドカップへの参加意欲を語り、代表復帰を匂わす発言もします。2010年南アフリカW杯のメンバーには選ばれませんでしたが、2010年8月30日に当時エースのロビン・ファン・ペルシーの負傷により、代役として2年ぶりに招集されました。

ファン・ニステルローイの現在

現役引退後は指導者の道に進み、2014年からオランダ代表のテクニカルスタッフとして指導者のキャリアをスタートさせました。その後は2016年から古巣であるPSVのユース監督に就任。若手選手の育成に携わります。2019年からオランダ代表のテクニカルスタッフに再就任して、現在はオランダ代表スタッフとしてトップチームの指導者をしています。

最後に、輝かしい経歴を持つファン・ニステルローイの逸話を紹介します。ファンとの心温まるエピソードを是非ご覧ください!

動画=YouTube:【感動】ファン・ニステルローイ【サッカー】【胸がスーッとする話】【サッカー感動話】

以上、オランダが産んだ天才、ファン・ニステルローイの経歴、逸話の紹介でした。

現在は指導者としてのキャリアを歩んでおり、これから指導者としてもその才能の片鱗を見せてくれるのではないのでしょうか。

ファン・ニステルローイ自身を超えるストライカーの育成に期待しましょう!

◆関連記事◆

フランスの奇跡のシンデレラ・ボーイ【エンゴロ・カンテ】

【森本貴幸】日本サッカーの未来を託されていた男の今までとこれから

ルートファンニステルローイの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です