気がつけばまた……。子どものミスに怒り爆発する訳、そして感情をコントロールするアンガーマネジメントとは?

怒った赤ちゃんの顔

怒りが生まれる理由

「今日はうちの子の地区優勝がかかった大事な試合。しっかりと声を出して応援しよう!」

そう心に決めて、お弁当をこしらえ、張り切って応援に駆け付けた花さん(仮名)。

しかし、チャンスの場面で、息子がまさかのパスミスをしたのです…。

それを見た途端、頭に血が上りそれ以降、なかなか怒りが収まりません。

花さんは、なぜ怒りの感情に支配されてしまったのでしょうか?

怒りに潜んでいる感情

実は怒りには隠れた感情が潜んでいるのです。

怒りの感情は、二次感情と呼ばれます。

では怒りによって気づいていない、一次感情とは何でしょうか?

  • 「ゴールを決めて欲しい」
  • 「ミスをするなんて格好悪い」
  • 「この試合に負けたら終わりだ」
  • 「ミスをしたらレギュラーから落とされる」

例にあげたような

  • 期待
  • いらだち
  • 恐怖
  • 不安

などの感情が一次感情の正体です。

それらの感情を満たすことができなかった時、怒りとして噴き出しているのです。

先ほどの花さんの例でも、実は朝出かける時にこんな会話がありました。

  • 「お母さん、僕今日はパスをつないでカッコいいとこ見せるからね!」
  • 「わかった、お母さんも楽しみに応援に行くね!」

花さんの怒りに潜んでいた一次感情は、この会話から生まれた息子への期待でした。

期待していたのと違う結果を目にし、残念な気持ちが怒りとして噴出したのです。

●おすすめ記事

>>【食育】サッカーをやっているのに軽度肥満かも? 肥満解消オススメレシピ。

soccer-banner
怒った赤ちゃんの顔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です