【サッカー知識】「キーパーチャージ」は23年前になくなっていた

GoalKeeper
DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

「今のキーパーチャージだろ!」

ゴールキーパー(GK)に対して過度の接触をした場合にファウルとなったキーパーチャージですが、1997年の競技規則変更に伴い、なくなっていたことを知っていますか?

未だに実況では、不意なのか知らないのかわかりませんが「今のはキーパーチャージですね〜」なんてコメントが時々流れます。バックパスを手で触れることが禁止され、キーパーチャージがなくなるなど、他のフィールドプレーヤーと同じ扱いになったGK。それでもキーパーチャージという言葉がなくならないのは、なぜでしょうか?

下記はスポーツコメンテーターの桑原学氏のツイート

手でボールを扱うが故に「GK寄り」なジャッジになる傾向

キーパーチャージという言葉がなくならない理由に、GKが手でボールを扱える特殊なポジションが関係しています。フィールドプレーヤーが相手と接触する時、腕を自分の体にくっつけ相手に当たりに行きます。この腕のおかげで、胸や腹に直接ダメージを受けることなくすみます。

しかしGKはそうは行きません。ボールを手でキャッチする時、両腕はボールにふれるために使用しているため、胴体は無防備になります。そのシチュエーションが顕著に現れるのがGKと相手FWが、クロスボールに反応した時です。GKは腕を伸ばしながら、FWは腕で胴体を守りながら飛び込みます。この場合、審判からすると例えFWが先にボールを触っているように見えても、GK寄りのジャッジになるようです。以下の映像では、そのシーンについて討論がされています。

動画=YouTube:ペナルティエリア内でのGKとの接触【Jリーグジャッジリプレイ2019 #30-1

映像内では「ドロップボールの判定でも間違えてない」という意見も出ています。健全な試合にするために、GK寄りのジャッジになってしまうのは、ある意味自然なことなのかもしれません。こうした現状を考慮すると、GKに対するファールが特別なものでキーパーチャージという言葉が今も使われているのは、その状況を簡単に表現できるからなのかもしれません。

GKという特別なポジション、そしてキーパーチャージが今も根強く残っていることを考えながら下記の映像を見ると、なぜこれほどこのGKが怒っているのか、気持ちがわかってきませんか?

GoalKeeper

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です