【海外リーグ挑戦】現実的に海外でサッカー選手になりたいなら、まずはベルギーリーグを攻めろ!

昨年大きな驚きを提供してくれた久保建英選手を筆頭に、多くの日本人選手が海外でプレーしています。1970年代にドイツの1.FCケルンに在籍した奥寺康彦氏から始まり、三浦知良選手のセリエAジェノアへの移籍を足掛かりに多くの日本人選手が海を渡りました。

数年前まではドイツに最も多くの日本人選手が在籍していましたが、2019年からはベルギーが最多です。2020年にベルギー代表チームは、F I F Aランキングで世界1位に輝くほどの強豪国ですが、国内リーグに関してはスペインやイングランドほどの知名度はありません。

そこで今回は、知られざるジュピラー・プロ・リーグ(以後、ベルギーリーグ)の魅力とともに日本人選手が増えた背景を探ります。

ベルギーリーグの概要

2020年ベルギーリーグのUEFAランキングは8位です。1部リーグには16チームが所属しており、年間30試合が行われた後に、上位6チームが10試合のプレーオフを行って優勝チームを決定します。

優勝チームにはCL3次予選の出場権が与えられます。歴代最多優勝クラブはアンデルレヒトです。

国籍も年齢も関係なし! 若手選手がステップアップを目指してしのぎを削る

ベルギーリーグに日本人が増えた背景には平均年齢の低さと外国人比率の高さがあります。

下のグラフを見ると、ベルギーはオランダ・オーストリアに次いで平均年齢が低く、2番目に外国人比率が高いことが分かります。

また、ベルギーリーグには外国人枠・EU外選手枠といった国籍による登録・出場規制がないため、世界各国から若手選手が結集しているのです。

>>大躍進ベルギー代表の根幹を築いたアンデルレヒトの育成とは

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です