【日本代表】現役時代は両足からミドル炸裂! 森保一代表監督の過去と現在

2022年にカタールで行われる FIFAワールドカップに向け、調整を続けるサッカー日本代表。国内組と海外組の調和、新型コロナウイルスの影響といった様々な要因で、課題が多いと言われています。

その日本代表を率いるのが、森保一(もりやすはじめ)監督。子ども達はもしかしたら、森保監督がボランチで、日本代表でもプレーしていたことを知らないかもしれません。そこで、現役時代の映像とともに、森保監督の過去から現在までを追ってみました。

選手時代 オフトに見出され遅咲きから大抜擢

高校〜JSL時代

森保監督は静岡県掛川市生まれ。引っ越しの関係で長崎に移住し、長崎日本大学高等学校でプレー。卒業後は東洋工業(現:マツダ)のサッカー部である東洋工業サッカー部に入部。入団当初の評価はあまり良くなく、同部のサテライト的な位置づけであるマツダSC東洋でプレーしていました。

転機は元日本代表監督であるハンス・オフト氏が、マツダを指揮した時でした。オフト氏は森保監督に目をつけ引き上げます。同氏はチームの降格とともに退団しますが、後任のビル・フォルケス氏によって森保監督は育てられ、1991年にプロ契約を果たします。同年クラブは日本サッカーリーグ(JSL)1部に昇格します。

Jリーグ〜代表選出

1992年にマツダはサンフレッチェ広島となります。同年4月、オフト氏が日本代表監督に就任すると、森保監督は日本代表に招集されます。当時のスター選手であるラモス瑠偉氏や三浦知良氏はと対象的に、ほぼ無名の選手として大抜擢されました。しかしピッチに立つと評価され、海外の監督から「日本にはよいボランチがいる」ということから、「森保」と「ボランチ」のワードに注目が集まりました。

守備的ボランチとしてチームを支える

同時はラモス瑠偉氏の後方をケアする守備的MFとして活躍。1993年のワールドカップアメリカ大会アジア予選で、あの「ドーハの悲劇」を経験しています。

現役後半〜現役引退

1993年から開幕したJリーグでは中心選手としてチームを支え、1994年サントリーシリーズではステージ優勝に貢献。しかし1995年7月、右足首関節脱臼骨折してしまい、思うようなプレーができませんでした。代表では山口素弘氏がボランチに定着したため、その座を譲る形となりました。

1997年はサンフレッチェ広島が経営不振に陥り、その影響は森保監督にも降りかかります。クラブは当初、同監督を京都パープルサンガに完全移籍をさせようとしていましたが、サポーターからの猛反発により、ローン移籍に。1999年に古巣に戻るも新体制に居場所はなくなります。2002年、クラブはスタッフ転進をすすめるも、森保監督は現役を続ける意思を貫きベガルタ仙台へ移籍します。ベガルタでは主力として活躍したものの、クラブはJ2降格し森保監督自身にも戦力外通知が下り、2004年に現役を退くこととなります。

>>【礒貝洋光の現在】”未完の大器、早熟の天才”と言われた礒貝洋光の現在 ~小野伸二や中村俊輔以上の才能を持った男は今何をしているのか~

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です