単純なトレーニングは意味がない? 想像力を伴う本当の反復練習とは

反復とは、何度も繰り返すこと。ことスポーツでは基礎技術の習得の際に、強調されてきた。しかし昨今、サッカーにおいて反復練習は効果的ではないという意見が多く出てきた。

理由は簡単で、サッカーのシチュエーションにない状態で、同じ動作を行うことは生きた技術が身につかないからだ。確かに一理ある。刻一刻と状況が変化する試合において、選手は認知しながら最適なアクションを繰り返すことが求められ、それが機能することで、チームの有機的なプレーへと繋がるからだ。

ただ、ここで言いたいことは、シンプルな対面パスやコーンドリブルなどは技術を養う上で、効果的な練習方法の一つであるということ。「反復練習は古い考え、これが今の常識だ」の文句で、今までやってきたことに蓋をしてしまう前に、今一度、反復練習の魅力を確かめていきたい。

「自分のサッカー」を持っていますか? 「みんなはどう思う?」と選手に聞く前に指導者が持つべきメソッドと哲学

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です