反復練習はただ繰り返すことではない。想像力を伴う本当の反復とは

反復とは、何度も繰り返すこと。ことスポーツでは基礎技術の習得の際に、強調されてきた。しかし昨今、サッカーにおいて反復練習は効果的ではないという意見が多く出てきた。

理由は簡単で、サッカーのシチュエーションにない状態で、同じ動作を行うことは生きた技術が身につかないからだ。確かに一理ある。刻一刻と状況が変化する試合において、選手は認知しながら最適なアクションを繰り返すことが求められ、それが機能することで、チームの有機的なプレーへと繋がるからだ。

ただ、ここで言いたいことは、シンプルな対面パスやコーンドリブルなどは技術を養う上で、効果的な練習方法の一つであるということ。「反復練習は古い考え、これが今の常識だ」の文句で、今までやってきたことに蓋をしてしまう前に、今一度、反復練習の魅力を確かめていきたい。

はたから見ると動作は同じでも、やっている本人は毎回新しい

壁さえあればできるキックの練習。蹴っては跳ね返りを繰り返す、この上ないシンプルな練習方法だ。動作としては「ボールを蹴り、止める」だが、ある選手は五分もたたないうちに飽き、一方は黙々と蹴り続ける。

この違いはなんだろうか?

理由もまたシンプル、「常に変化しているか否か」、だ。同じ蹴るでもさまざま。インステップ、インサイド、アウトサイド……。それだけない。「足の指のどこにボールを当てるとイメージした回転がかかるのか」「ライナーボールをスムーズに蹴るために、どこに(ボールを)置けばいいのか」……。イメージは底を尽きない。

元日本代表の中田英寿氏は少年時代。足の指の親指から小指までのキックを蹴り分け、どのような変化があるのか試しながら壁打ちをしていたという。世界で成功した同氏。ピッチ上で放った一振りが、強固なディフェンスを一瞬にして崩すシーンを見た人も多いことだろう。

「どこに」「どのように」「いつ」といった認知も当然必要だが、そのキックをパフォーマンスできたのは、少年時代からの反復練習も関与しているだろう。

反復練習とは、たんに動作を繰り返すのではない。動作を繰り返しの中で、選手が描いたイメージのインプットとアウトプットもまた繰り返し行われている。その進化は微々たるものかもしれないが、自身の中で連続したアップデート行為ともいえる。

本当は公園でやらせたいが……。チームの中で行う反復練習

ボールが蹴れる場所とボールを当てる壁。「たった」といえば簡単だが、この環境がなかなかない。もしくはあっても禁止されている地域は多い。

となるとチームで反復練習を行うのも一つの方法だ。ただ、チームの練習としては、あくまでサッカーがメイン。練習のほとんどをそれに当てるのは熟考したい(絶対に良くない、ということではないのであしからず)。

また、選手全員が反復練習の本質を理解して、行うのもなかなか難しい。なので、コンペティション性を持った内容にするのもありだ。例えば、イメージしやすいものではサッカーテニス。浮き球のコントロールを養うのにうってつけだ。「インサイドのみ」「2タッチ以内」といったルールをつけることで、意識させたい技術にフォーカスさせやすい。練習後のリフレッシュに行うのもひとつ。

指導者としても、チームがある地域性を理解して「選手にはチーム以外でボールを触る機会があるのか」「ない場合はチームとしてそういった時間を確保しているか」を、確認しほしい。ボールに触り、触った変化を楽しむのも、サッカーの魅力。選手が成長するための要素として反復練習の存在も認めたいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です