【ランキング】あの頃輝いた選手達……90年代の世界的ベストプレイヤートップ10!!

なーんでもランキングにしてしまうサイト『Ranker』では、「The Best Soccer Players of the ’90s」と題して、1990年代に輝いたサッカー選手をランキングしまいます。

この記事では選手の紹介とプレー動画をつけてトップ10を紹介。みなさんが思い浮かぶ有名選手は、何番目にランクインしているのでしょうか。

No10 サルヴァトーレ・スキラッチ(イタリア)

「トト」の愛称で親しまれたサルヴァトーレ・スキラッチは、メッシーナでプロキャリアをスタート。実力が認められ、ユヴェントスに移籍した際はシーズン15得点を記録、UEFAカップ優勝にも貢献しました。1994年からはジュビロ磐田でプレーしましたが、腰痛の悪化により帰国しています。

動画=YouTube:Salvatore Schillaci – Italia 1990 – 6 goals

動画=YouTube:Salvatore Schillaci in Japan (1994-1997)

No9 オレグ・サレンコ(ロシア)

ソビエトのゼニト・レニングラードで選手生活をスタートし、その後はディナモ・キエフに移籍。他にはリーガ・エスパニョーラ・バレンシアなどに在籍しました。

1994年のアメリカワールドカップでは、グループリーグ2戦目のスウェーデン戦で1得点、3戦目のカメルーン戦1試合で5得点を挙げゴールデンシューズ賞(得点王)となりました。1試合5得点はFIFAワールドカップにおける最多記録です。

動画=YouTube:SALENKO – against cameroon 1994 (x5)

No8ロベルト・カルロス(ブラジル)

現役時代は世界最高の左サイドバックと賞賛されるロベルト・カルロスは、積極的な攻撃参加を行い、今までのサイドバックの概念を覆しました。レアル・マドリーに所属してた時は「銀河系軍団」と称されるスターの一員として、黄金期を支えました。「悪魔の左足」と呼ばれるフリーキックは予測不可能な曲がりを見せ、多くのGKを泣かせました。

動画=YouTube:【その左足には悪魔が宿っていた】 ロベルト・カルロス 何度見てもヤバい超弾丸ゴール15連発!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です