【感動】日本のサッカー環境もこうだったら……。若かりし明石家さんまがナビゲートするドイツのサッカー文化

日本のサッカーは進化しているというが……

多くの日本人選手が海外のトップリーグでプレーし、多くの若き選手が海外に挑戦し、日本代表がワールドカップ出場の常連国となり……。日本にプロリーグであるJリーグが発足してから27年が経ち、日本サッカーは飛躍的に進化しているように見えます。しかし、今年現役を引退した元日本代表の内田篤人氏はメディアの席でこう口を開きました。

日本のサッカーはレベルが上がっているが、世界はもっと上がっている

日本代表のサッカーを持ち上げ過ぎ。他の国に行ったら日本のサッカーはそんなに強くない

さらにドイツでの選手生活を送る中で、同国では月謝制の少年サッカーチームのような「お稽古」的なものはないと以下のように語りました。

(その代わりに)クラブチームで寄せ集めの良い選手が集まって競争率が高いが、日本だと月謝を払っているのでクビにされることがない。ヌルいって言ったらあれですけど、競争意識の部分では海外と差がある

今まで、このように日本のサッカーをメディアを通して話した人は、セルジオ越後氏くらいでしょうか。しかも、つい最近まで現役で日本サッカーを牽引していた選手がこのように発言したのですから、ショックを受けた人も多かったはずです。

内田氏の言葉が、日本サッカーがより加速して進化するヒントになるならば、一体何をどのように変化させなければならないのでしょうか。

実はそのヒント、というか参考イメージのような映像がありました。しかもそれは、今から28年前に日本を代表するお笑いスターが、内田氏と同じドイツに渡った旅番組でした。

※動画は最後のページ

>>ブラジルで体感したサッカーの原点を日本に。集まった人で楽しむ「オープンサッカー」の取り組み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です