挫折して失望感を覚えた子ども、親はどのようなスタンスで接すればよいのか??

常にチームの中心だったA君。強豪高校チームで人生初めての挫折

A君は小さいころからサッカーをはじめ、ジュニアではチームの中心選手として活躍し、中学校でもサッカー部のキャプテンとしてチームを牽引。そして「高校でもサッカー部で活躍したい!」と熱い思いを胸に、A君は全国大会にも出場したことのある強豪校へ進学しました。

サッカー部の部員数は200名近くもいます。トップチームから下部チームまで合わせるとチーム数は10チーム近くもあります。

小さい時から、試合ではいつもレギュラーで活躍してきたA君でしたが、高校では下から2番目のチームからスタートとなりました。トレーニングに明け暮れる毎日。しかし、いくら努力しても上のチームに上がることはできず、1年が過ぎてしまいました。

全国大会に出場できるのはトップチームのみ。自分もそのピッチに立つことを夢見て入部したA君でしたが、徐々にモチベーションが落ちてきて、挫折感を覚えるようになりました。

高校でも常にトップで活躍できると思っていたA君ですが、気持ちが落ちていくに連れ、チームメートとの差を感じるようになってきました。J下部や強豪クラブから特待生で入部してきたチームメートは、はじめからサテライトチームに振り分けられ、上手くいけばトップチームに上がれる可能性があります。

しかし、A君がいるチームはよほどのことがない限り3年次まで頑張ってもサテライト止まり。レベルと選手層の厚さにただ漠然とした不安と厳しい現実がA君を襲いました。

サッカーとの付き合い方を決める時

「サッカーが好きで、一生懸命ボールを追いかけてきた。それが楽しくてチームメートも監督も頼りにしてくれることが微笑ましかった。だけど……、高校生になったら違う感情が湧き出てきた」。A君はこう振り返ります。

「サッカーは自分を楽しくさせてくれるもの」として捉えていたA君ですが、1人の社会人として、これからどう生きていくのかを感じるようになる年頃です。サッカー部で苦い思いをした今、サッカーとの付き合い方を決める時が来ました。

苦しんでいたのはA君だけではありません。A君の両親もまた、どう接してあげればよいか悩んでいました。息子にとってサッカーは、単なる遊びではなく息子の人生を豊かにしてくれた、かけがえのないものです。それを大学進学のためとか、実力がないとかで切り離すのは、あまりにも可愛そうでした。食卓ではサッカーの話題も減り、当たり障りのない話題で時間が過ぎていきます。

そんなある日、両親は息子が将来のことを日々考えている姿を見て、ひとつのことを決めました。

▼オススメ記事
集中力を高めるメンタルトレーニング!マインドフルネス瞑想をやってみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です