【レジェンドたちの年俸シリーズ⑤】「神の子」ディエゴ・マラドーナは特別待遇!

スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

世界中のサッカーファンから愛され「神の子」と呼ばれたマラドーナ氏

2020年11月25日アルゼンチン・ブエノスアイレスの自宅で逝去した、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏。

訃報を受けて、世界中のトッププレーヤーやサッカー関係者だけでなく、たくさんのサッカーファンからも追悼のメッセージが寄せられました。それはマラドーナ氏がたくさんの人から愛され、尊敬され、史上最高のサッカー選手として、数々の伝説や名シーンを作り出してきた、スパースターとしての歴史の証明でもあります。

20世紀を代表するスーパースターであり、元アルゼンチン代表としても活躍したマラドーナ氏ですが、現役時代のプレーは驚愕のプレーで溢れています。そんな現役時代のプレーを振り返ると共に、いったいいくらの年俸を得ていたのでしょうか。気になる年俸の推移についても、ご紹介していきます。

マラドーナ氏の現役時代の活躍


動画=YouTube:【神の子】マラドーナ 異次元のスーパープレー集(バルセロナ/ナポリ/アルゼンチン)

マラドーナ氏はボカ・ジュニアーズやバルセロナ、ナポリ、セビージャなどでプレーしました。また、アルゼンチン代表としても活躍し、W杯には4大会連続で出場しています。

マラドーナ氏の武器は抜群のテクニックやスピードに加え、フィジカルの強さを駆使したドリブル。さらに、パスセンスに優れ得点能力も高く、まさに「神の子」と呼ばれるにふさわしい天才的な選手でした。

「神の手」「5人抜き」などのゴールは、今でも伝説として語り継がれています。

一方で、薬物使用やメディアとの関係などのスキャンダルが話題になることも多い選手でした。1994年のW杯では、試合後のドーピング検査で禁止薬物が検出され、大会を追放されています。

◆関連記事◆
【レジェンドたちの年俸シリーズ④】最高年俸〇〇億円!リオネル・メッシの年俸まとめ
【レジェンドたちの年俸シリーズ③】今が最も高年俸!?「皇帝」長谷部誠の年俸まとめ!
【レジェンドたちの年俸シリーズ②】日本が誇る伝説のファンタジスタ!中村俊輔の年俸まとめ
【レジェンドたちの年俸シリーズ①】こんなに貰ってるの!?「キングカズ」こと三浦知良の年俸まとめ!

マラドーナの年俸推移

1976年アルヘンティノスでのプロデビューから、1998年にボカ・ジュニアーズで引退するまでのマラドーナ氏の年俸をまとめました。

1976年アルヘンティノス16歳100万円
1977年アルヘンティノス17歳300万円
1978年アルヘンティノス18歳500万円
1979年アルヘンティノス19歳800万円
1980年アルヘンティノス20歳1000万円
1981年ボカ・ジュニアーズ21歳5000万円
1982年バルセロナ22歳1億円
1983年バルセロナ23歳1億円
1984年ナポリ24歳2億円
1985年ナポリ25歳2億円
1986年ナポリ26歳2億5000万円
1987年ナポリ27歳3億円
1988年ナポリ28歳4億円
1989年ナポリ29歳5億円
1990年ナポリ30歳5億5000万円
1991年ナポリ31歳6億円

 

1992年セビージャ32歳5億円
1993年ニューウェルズ・オールドボーイズ33歳3億円
1994年ニューウェルズ・オールドボーイズ34歳3億円
1995年ボカ・ジュニアーズ35歳2億円
1996年ボカ・ジュニアーズ36歳2億円
1997年ボカ・ジュニアーズ37歳2億円

参照:MONEY SEARCH

1976年のアルヘンティノス在籍時は100万円だった年俸が、1991年のナポリ在籍時には6億円にまで上がっています。

最近では、リオネル・メッシ選手の2020年の年俸が78億9000万円であったり、プレミアリーグの平均年俸が約3億5000万円とされているため、マラドーナ氏の年俸はスター選手としては物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ただ、当時の年俸について調べてみると、1994−95年シーズンの年俸世界最高額は、ユベントスに所属していたイタリア代表のジャンルカ・ビアリ氏の約2億8000万円。2番目に高かったのが同じくユベントスに所属していたイタリア代表のロベルト・バッジョ氏の約2億6000万円です。

こうした金額を見ると、1991年ナポリ在籍時のマラドーナ氏の年俸6億円というのが、驚くべき金額であったことがわかります。

選手時代を上回る監督としての年俸

 

1997年のボカ・ジュニアーズでのプレーを最後に、37歳で現役を引退したマラドーナ氏。引退後は、薬物依存症の治療などを経て、監督の道へ進みます。

2008年にアルゼンチン代表の監督に就任すると、2010年W杯でもチームの指揮を執りました。その後も監督として、UAEやアルゼンチン、メキシコのクラブを渡り歩きました。

ちなみに、UAEのアル・ワスルで監督をしていた時の年俸は約11億8000万円とされており、現役時代の倍ほどの金額となっています。サッカー界の年俸の高騰は信じられないものがあります。もしマラドーナ氏が今の時代に現役選手としてプレーしていたとしたらら、その年俸がいくらになるのか想像がつきません。

「永遠のサッカー少年」マラドーナ氏

2020年11月25日に他界したことで、その姿を再び見ることが叶わなくなったマラドーナ氏を悼み、いくつか動画を集めました。

動画=YouTube:【初代神の子】ディエゴ・マラドーナ 特徴解説  HD 1080p Diego Maradona みにフト(海外サッカー)

超・貴重なプレー!メッシと夢の競演が実現

アルゼンチン・オールスターズゲーム2005で、新旧「神の子」の競演が実現しました。

動画=YouTube:メッシとマラドーナ 同時にプレーした夢の試合!貴重です!リケルメも共演●サッカーアルゼンチン代表 オールスターズゲーム【ハイライト】

「永遠のサッカー少年」マラドーナ氏のご冥福をお祈りいたします。

◆関連記事◆

【レジェンドたちの年俸シリーズ④】最高年俸〇〇億円!リオネル・メッシの年俸まとめ
【レジェンドたちの年俸シリーズ③】今が最も高年俸!?「皇帝」長谷部誠の年俸まとめ!
【レジェンドたちの年俸シリーズ②】日本が誇る伝説のファンタジスタ!中村俊輔の年俸まとめ
【レジェンドたちの年俸シリーズ①】こんなに貰ってるの!?「キングカズ」こと三浦知良の年俸まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です