【川口能活】GK日本代表として最多出場のレジェンドは今

kawaguchi
スペインサッカー ラ・リーガを24時間楽しめるWOWOWが無料トライアル実施中
スペインサッカー ラ・リーガを見るならWOWOW!月額2,530円(税込)で毎節5試合生中継に加えて24時間スペインサッカー見放題!サッカー以外にもほかのスポーツも盛りだくさん!
期間限定

『お申込み月無料トライアル』を実施中です!詳しくは上記リンクからご確認ください!

歴代NO.1ゴールキーパーとして新たな日本サッカーの歴史を作り始める

【川口能活】この名前が日本代表の歴代NO.1ゴールキーパーに挙がることも多いと思います。

アトランタオリンピックで魅せた神がかり的なセーブをはじめ、数々の日本代表戦でも、チームの窮地を救うスーパーセーブを観て、魅了された人も少なくないのでは?

日本サッカーにおける歴史を作ってきた川口能活さんは今、新たな日本サッカーの歴史を作り始めようとしています。

GK日本代表として最多出場

日本代表の歴代名GKといえば、松永成立さん、楢崎正剛さん、川島永嗣選手などが挙げられますが、レジェンドといえるのが川口能活さんではないでしょうか。

GKとして、国際Aマッチ116試合出場という歴代最多出場を誇り、他のポジションでのプレー機会が無いゴールキーパーとして国際試合への100試合以上の出場は大記録といえるでしょう。

(参考までに、日本代表として国際Aマッチの出場記録としては、松永成立さんが40試合、楢崎正剛さんが77試合、川島永嗣選手が91試合です。)

川口能活さんは、たくさんの名勝負の演出に貢献してきました。その中でも2004年アジアカップ準々決勝のヨルダン戦でのPKは、まさに守護神といえるセーブをしています。

オリンピック代表でのマイアミの奇跡

川口能活さんといえば、必ず思い出され、話題に上るのが、オリンピック代表として出場した1996年のアトランタオリンピックです。

対ブラジル戦での数々の好セーブで日本の勝利に大いに貢献し「マイアミの奇跡」としていまだに語り継がれています。

引用元:【Tokyo 2020 @Tokyo2020jp】

25年の現役生活からの引退

国内外でプレーした25年の現役生活をでしたが、2018年に最後の所属先となったSC相模原で現役引退を表明しました。

引退セレモニーでは、長年ライバルとして切磋琢磨してきた、同じくGKの楢崎正剛選手がサプライズで花束を持って登場し、川口能活選手が涙している姿が印象的でした。(この翌年、楢崎正剛選手が引退した際には引退セレモニーに川口能活さんが花束を持ってサプライズで登場しています。)

1994-2001横浜F・マリノス
2001-2003ポーツマスFC(イングランド)
2003-2004FCノアシェラン(デンマーク)
2005-2013ジュビロ磐田
2014-2015FC岐阜
2016-2018SC相模原

動画:YouTube【公式】川口能活 引退試合プレーまとめ:明治安田生命J3第34節 SC相模原対鹿児島ユナイテッド 2018年2月2日
#川口能活 引退セレモニー
ライバルがサプライズ登場‼

引用元:【DAZN Japan@DAZN_JPN】

U23のGKコーチとして後進の育成

引退後すぐに、オリンピック代表ともいえるU-23日本代表のGKコーチに就任し、後進の育成をしています。

引退後に指導者としての道を進む選手は多いですが、川口能活さんのすごいところは、引退してすぐに日本代表のGKコーチになったことです。

川口能活さんでなければ教えることができない技術や経験を、早急に日本サッカーに還元することが求められているともいえるのではないでしょうか。

現在はコロナ禍のため、U-23日本代表の活動は休止していますが、本来であれば今年の東京オリンピックで、ベンチから選手を見守る川口能活さんの姿を目にすることができたでしょう。

◆関連記事◆
最強FW高原直泰〜40歳となった男は現在何をしているのだろうか〜

kawaguchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です