【珍プレーシリーズ】スーパーゴールだ!…ってそれオウンゴールかぁ!!

【Jリーグ2019】スーパーオウンゴール集

「美し放物線」「鮮やかなボールタッチ」「衝撃的な」……。

スーパーゴールの際に使われる形容の数々。

しかし、それがまさかの「オウンゴール」だったら!

そんな「スーパー」がつくオウンゴール集をJリーグから見ていきましょう!

動画を見たい人は最後のページへ

①GKの伸ばした手を超える、美しき放物線

鳥栖の選手がクロスボールを放ちます。それに対しジャンプヘッドでクリアした広島DF。

しかし、しっかりと頭にミートできずに、ボールはGKの頭上へと流れます。

味方DFからこんなボールが来るとは予測していなかったGK。懸命に反応しますが、無情にもボールは美しい弧を描きゴールの中へ吸い込まれていきました。

②MVP級のチップキック「クリア」

新潟FWに絶妙なタイミングでスルーパスが入り、それを巡って鹿児島DFが競うシーン。

ボールは鹿児島DFの方に流れ、そのタイミングでDFは体を入れながらクリアしようとします。

ただ、このクリアが甘かった。足に上手くミートしなかったのか、クリアされたボールは緩やかなハイボールで、ピッチの外に出るには勢いが足りない様子。

きっとクリアした本人はボールを蹴った瞬間「やってしまった」と思ったに違いありません。

ボールはゴールに入りオウンゴールとなってしまいます。

soccer-banner
【Jリーグ2019】スーパーオウンゴール集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です