完全解説! ペナ内のフリーキックおよびゴールキックの新ルールを理解しよう!!

200609_コラム_ゴールキック
DAZN1ヶ月間の無料トライアルキャンペーン実施中!
様々なスポーツ中継がみれるDAZNが1ヶ月の無料トライアル実施中!DAZN(ダ・ゾーン)は、スポーツファンが好きなスポーツを、好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。コマーシャルなしで提供し、今までにない自由なスポーツ観戦体験をご提供いたします。プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリアA、Jリーグも全て見放題!もちろん、サッカーだけではなく野球ファンにもオススメです!
DAZN

詳しくは【DAZN】Jリーグも海外サッカーも見放題!気になる料金や内容は?をご覧ください。

2019-20に改正された競技規則。フルタイムにできるかぎり無駄な時間を省くための改正がなされています。

なかでも、「ゴールキックがペナルティー内で受けられる」ようになったのは、育成年代を指導する人たちにとって衝撃だったのではないでしょうか。

指導の仕方がゴロッと変わったこの新ルールですが、あらためて内容を確認してみましょう!

ボールが蹴られて明らかに動いた時にインプレー

規則名は「守備側チームによるペナルティーエリア内のフリーキックおよびゴールキック(第13条、第16条)です。

おさらいとして、以前のルールでは、ボールが蹴られて直接ペナルティーエリア外にでたときにインプレーとなります。

これが改正によって、ボールが蹴られて明らかに動いたときにインプレーとなり、ボールがペナルティーエリアを出る必要はなくなりました。

200609_コラム_ゴールキック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です