熱中症警戒アラート 指導者には絶対計測してほしいスポーツ活動で確認すべき「WBGT」

熱い!

8月に入ってからの日本列島はヒートアップしっ放し。コロナのせいでマスク着用も多い中、やはり気をつけたいのが熱中症です。

スポーツの現場においては、春シーズンに十分な運動ができなかったため、基礎体力が十分にできていない選手も多いはず。指導者や保護者はいつもの夏以上に選手の体調管理に目を配りたいところです。

気象庁と環境省は共同で最高気温がかなり高くなると予想されるときに発表されていた「高温注意情報」を発展させた「熱中症警戒アラート」を発表しました。

これは単に気温の高さではなく、暑さ指数(WBGT)が33以上になると予想された場合に都県単位で、前日の17時頃か当日の5時頃に「アラート」が発表されます。

熱中症警戒アラートの適応エリア

  • 東京
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 山梨
  • 長野

soccer-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です