すべては試合から逆算する。技術と戦術をわける考えからの脱却

「うちの選手は技術が高くないので、戦術の練習はまだしないほうがいいでしょうか」「一回の練習の内、何分を基礎練習に当てたらいいですか」。

これらは、日本で開催されたスペインサッカーの講習会で、日本人指導者がスペイン人指導者に質問した内容です。こういった質問は、日本各地で議論されています。※講習を受けた指導者の担当カテゴリーはジュニアがメイン

しかし、スペイン人からしたら「なぜ、技術と戦術をわけて考えるのか理解できない」と、言います。

目線の先はどこ?サッカーはサッカーをしなければうまくならない

日本人は、「土台」や「段取り」を大切にします。ある目的を達成するために、できなければならないものを細分化して、それらを一つずつマスターしながらステップアップしたり、物事が滞りなく進むように前もって手順を整えたりすることです。

サッカーであれば、「試合」を目的とすると、キックやコントロールの技術・守備や攻撃の戦術・持久力や瞬発力のフィジカルなどに分け、それぞれの項目をトレーニングすることが土台作りとイメージできるでしょう。

冒頭にある「選手は技術が高くないので、戦術の練習はまだしないほうがいい」は、「戦術のトレーニングを行うために、基本的な技術の習得ができていなければうまくいかない」というすじみちが立つので、質問したと考えられます。

そのため、日本には「ドリブルスクール」や「リフティングコース」といった、単一の技術に特化したスクールやコースが実在します。

サッカーという特性をみてみましょう。例えば、試合のシーンを切り取り1対1が発生したとします。ボールホルダーは何があれば(すれば)、上手にパフォーマンスできるでしょうか。ドリブル・パス・コーディネーション・コミュニケーション・視野の確保・体の使い方・認知……、一考するだけもこれだけの要素が関係しています。

多くの要素に加え、不確定要素の発生と消滅が連続するサッカーを細分化は、選手の評価やトレーニングオーガナイズの構築に必要不可欠です。ですが、さまざまな要素が絡み合った環境でトレーニングをしなければ、サッカーの上達は難しいのです。

確かに、ボール扱いがまったくできないビギナーやフィジカルに不安がある選手に、いきなりプレーをすることは難しいかもしれません。ですので、キックの蹴り方やステップの踏み方などを単体でトレーニングすることはまったくない、というわけではありません。

しかし忘れてはいけないのは、サッカーはサッカーをしなければうまくならず、技術単体のトレーニングがメインセッションにはならないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です