【練習メニュー紹介】正確なダイレクトパス&ダイレクトシュート技術を身に付けよう!

対象

小学校4・5・6年生

練習の目的

ゴールに繋がるダイレクトパス&ダイレクトシュート技術を習得するためのトレーニング
見る、判断、駆け引き、動き出し、キック、ラストパス・シュートの精度

用意するもの

・ボール:数個
・コーン:4本
・ゴール:1つ

準備

コーンを用いて縦15m × 横20mの長方形のゲームピッチを作成する。ゲームピッチの端にゴールを設置する。図のようにゴールから遠い2本のコーンに選手を並ばせる。ゴール前にはキーパーを配置する

内容


・キーパーが左右どちらかの選手にパス出しを行う
・パスを受けた選手は、パスを受けなかったもう1人の選手に、ダイレクトでラストパスを送る
・ラストパスを受けた選手は、それをキーパに取られないようにダイレクトでシュートする

ルール

・先に3~5点取った選手が優勝(アシストも1点)、もしくは制限時間内に全員で5点奪えたら攻撃側の勝利など
・ボールがプレイエリアの外に出てしまったら次の2人と交代
・キーパーがはじいたボールをゴールしてもOK
<バリエーション>
・最初にパスを受けた選手は、ダイレクトパスだけでなくダイレクトシュートも選択できるようにする(必ずパスが来ると分かってしまうとキーパーが楽なため)

コーチングポイント

<キーパー>
・相手の足元に速く正確なパスを出すことを求める
・ゴールにへばりつくだけでなく、パスカットできそうだと判断したら、積極的にゴールから飛び出すことを求める
<最初にパスを受けた選手>
・ボールが動いている間にキーパーの位置をしっかり確認し、パスorシュートの判断をすることを求める
・パスを出すふりをしてシュートを打つなど、相手キーパーとの駆け引きを求める
・パスを受ける選手がダイレクトで打ちやすいボールを出すことを求める(パスの速さ、コース、ボールの回転など)
・パスを出して終わりではなく、こぼれ球を詰めるところまでプレーをやりきることを求める
<最初にパスが来なかった選手>
・すぐに切り替え、次の動き(味方選手からボールを要求する動き)をすることを求める
・ずるずるとゴールに近づいてしまうと、オフサイドになってしまったり、シュートを打つコースが無くなってしまったりするので、自分の前方にシュートを打つためのスペースを作り出す動きを求める(こうすることで勢いを持った状態でシュートを打つことが出来る)
・シュートを打つまでの間に、キーパの位置をしっかり確認し、シュートを放つことを求める
・シュートを打って終わりではなく、こぼれ球を詰めるところまでプレーをやりきることを求める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です