【練習メニュー紹介】華麗なターン技術を身に付けよう!

対象

幼稚園児、小学校1・2・3年生

練習の目的

ゴールに背を向けた状態から、相手に奪われることなく前を向く技術を習得するためのトレーニング
見る、判断、ボールタッチ、ファーストタッチ、ターン、ラストパス・シュートの精度

用意するもの

・ボール:数個
・マーカー:4枚
・コーン:複数
・ミニゴール:1つ

準備

マーカーを用いて縦15m × 横10mの長方形のゲームピッチを作成する。ゲームピッチの端にミニゴールを設置する。図のようにコーンをプレイエリア内の真ん中あたりに複数並べる。プレイエリア内(コーンの前)に1人選手を配置する。

内容


・コーチが選手にパス出しを行う
・選手はコーンにぶつからないようにターンし、ゴールを決める(左右どちらからでもOK)

ルール

・先に3~5点取った選手が優勝、もしくは全員がミスなく成功したらクリアなど
・ボールがコーンにぶつかってしまったらノーゴール
・ボールがプレイエリアの外に出てしまったらノーゴール
<バリエーション>
・プレイエリアを狭めることで、練習の難易度を上げる
・タッチ制限をつけてトレーニングを行う(例えば、最大3タッチ以内など)
・選手がボールに触れた瞬間にコーチ(もしくは選手)がボールを奪いに行くことで、練習の難易度を上げる

コーチングポイント

・パスが出た瞬間、ボールが来るのを待つのではなく、迎えに行く癖を身に付けさせる(こうすることでインターセプトされにくくなる)
・フェイントを入れることを求める(右に行くふりをして左にターンなど)
・強くボールを蹴ってしまうと、コーンはかわせてもゴールは奪えないため、ターンするときのボールタッチの細かさを求める。
・ターンしてからシュートまでのスピードの速さを求める(実際の試合では、かわされた後にDFが猛ダッシュで追いかけてくるため)
・ゴールに向かって正確なキックをすることを求める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です