【練習メニュー紹介】相手のかわし方・ボールの奪い方を身に付け、個の力を高めよう!

対象

幼稚園児、小学校1・2・3年生

練習の目的

相手のかわし方・ボールの奪い方を習得する為のトレーニング。
見る、予測、駆け引き、ボールタッチ、ボール運び、フェイント、ボールを奪う、正確なキック、攻守の切り替え

用意するもの

・ボール:複数個
・コーン:8ヶ

内容


・上記画像のように、コーンでミニゴールを4つ作る(プレーエリアは四角の中)
・選手を攻撃側と守備側に分ける
・攻撃側は2つのゴールのうち、どちらかにドリブル通過する
・守備側はドリブル通過を阻止する

ルール

・攻撃時にドリブル通過する事ができたら1点(シュート禁止)
・守備時に相手からボールを奪い、反対側のゴール2つにドリブル通過もしくはパスを通せたら2点
・外にボールが出てしまったら、攻守交替(どちらも0点)
・攻撃側の選手は、得点を奪えた場合、再度攻撃側に並ぶことが出来る
<バリエーション>
・トレーニングの難易度を下げるため、もしくは、より楽しませるために、最初はドリブルなしで行う
・ボールが外に出た瞬間、何回かコーチからパスを供給する(こうすることで、自然と攻守の切り替えを身に付けさせることが出来る)
・攻撃側のゴールを真ん中に1個増やし、ドリブル以外にシュートという選択肢を与える(こうすることで攻撃側にはアイディアが生まれ、守備側には臨機応変に対応できる柔軟さが身に付く)

コーチングポイント

<攻撃側>
・相手をかわすための駆け引きを求める(フェイントをかける、かわす瞬間一気にスピードアップするなど)
・強くボールを蹴ってしまうと、相手はかわせてもドリブル通過は出来ない為、相手をかわすときのボールタッチの細かさを求める
<守備側>
・粘り強く相手に喰らいつくことを求める
・ボールを「蹴る」のではなく、しっかり「奪う」ことを求める。
・ボールを奪ったら終わりではなく、最後の部分(ドリブル通過、パス)までしっかりやることを求める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です