【練習メニュー紹介】相手DFの動きをしっかり確認し、正しいタイミングでかわせる技術を身に付けよう!

対象

幼稚園児、小学校1・2年生

練習の目的

相手DFの動きをしっかり確認し、正しいタイミングでかわせる技術を習得する為のトレーニング。
見る、予測、ボール運び、キック

用意するもの

・ボール:ひとり1個
・コーン:2ヶ
・マーカー:1枚

内容


・選手はひとり1個ボールを持ち、マーカーが置いてある位置に並ぶ。
・大きめのコーン2ヶを約3~5mほど離し、並べて置く。
・コーンとコーンの間にはコーチが入り、右左交互にコーンを触りに行く。
・ボールを持った選手は、コーチにタッチされたり、ボールを奪われないようコーン間をドリブルで通過する。

ルール

・コーチにタッチされたり、ボールを奪われることなくコーンの間を通過できたら1ポイント。
<バリエーション>
・トレーニングの難易度を下げるため、もしくは、より楽しませるために、最初はドリブル無しで行う。
・コーン同士の距離を近づけたり、コーチのスピードを上げることで、ドリブル突破の難易度を上げる。
・コーチの後ろにゴールを設置し、シュートを決める所までを1セットとする。こうすることで、「突破する」ためのドリブルではなく「点を決める」ためのドリブルを身に付けさせることが出来る。

コーチングポイント

・コーチの動きをしっかりと目で確認することを求める。
・かわす瞬間にスピードアップすることを求める。
・強くボールを蹴ってしまうと、コーチはかわせてもゴールは奪えないため、相手をかわすときのボールタッチの細かさを求める。
・かわしてからシュートまでのスピードの速さを求める。(実際の試合では、かわされた後にDFが猛ダッシュで追いかけてくるため)
・ゴールに向かって正確なキックをすることを求める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です