プレーの選択肢を限定させないコーチングの考え方

普段、指導者が選手に投げかけている言葉。その中で、プレーの選択肢を広げるためによく使われるフレーズとして「ドリブルかパスか」というものがあります。テレビの実況でも耳にするこのフレーズですが、じつは言葉の受け手である選手に、プレーの選択肢を限定させてしまっている可能性があります。このようなサッカーの現場で使われているコーチングフレーズの意味を、プレーの目的から考えてみましょう。

ドリブルやパスはプレーの手段であることを確認しよう

本題に入る前に「サッカーはゴールすることを目的としたスポーツ」ということを、認識のためにあえて書かせていただき、話を進めます。

8対8のジュニアの試合でも11対11の試合でも、サッカーのこの目的は変わりません。さらにプレーを局面に分解しても、ゴールをするために「攻撃」「守備」「1対1」「2対1」、……があります。では、ジュニアサッカーの試合のなかで行われたコーチングを例に挙げ、指導者が行う選手へのアプローチを考えてみましょう。

味方のFWがボールを持っている状態で、前方には相手CBが1人、さらにFWの後方から味方選手が駆け上がってきました。味方選手がそのFWの高さに上がるまでは1対1の状況、相手を抜けば残すはGKのみとなります。FWは味方が上がり切る前に、CBにドリブルで仕掛けるプレーを選択しました。結果はCBにボールをカットされ、シュートまで行くことはできませんでした。

ハーフタイムに入り、そのプレーに関して「なんで味方にパスをしなかったんだ?」と、コーチが選手に問いかけます。コーチの考えとしては、「(2対1の状況を作って、より確実にゴールできるのに)」という前置きがありますが、実際には言葉として伝えていません。ここで選手からしてみるとコーチの問いかけは「(間違ったプレーである)ドリブルに失敗した」→「(正しいプレーである)パスをしなかった理由を聞かれている」と勝手に正しいプレーとそうでないプレーだと決めつけてしまう可能性があります。

数的有利な場合、フリーの選手を効果的に使うことは、確かに大切なプレーのセオリーです。しかし、必ずしもフリーである選手を使うことが正解ではないことも確かです。

この場合、FWの選手が周囲の状況をどれだけ認知しているかを確かめた上で、「どのような手段でゴールをしたかったか?」という聞き方がベターです。もし選手が返答に困っていたら、指導者はプレーの目的を選手と一緒に確認しましょう。次に指導者は選手に対して①認知レベルの確認②そこから捻出されたプレー手段の確認を把握することで、適切なコーチングができるはずです。

「パスかドリブルか」というコーチングは、選手がプレーの目的と手段を混同してしまう恐れがあります。「◯◯をするために、パスをした」、のように「目的のために手段を行う」ことを念頭に、指導者は選手にアプローチしていく必要があります。そして、その最大の目的が「ゴールする」ことであることを、選手たちが常に意識できるようにコーチングを行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です