若手が台頭する欧州サッカー。強さに隠された分析力とは

近年、世界のビッグクラブに入団する若手選手が、多く輩出されています。

日本でも、久保建英選手がマジョルカ(ローン)に、安部裕葵選手がバルセロナBに移籍するなど世界でも話題になっています。

入団したすべての選手が活躍できるほど、トップチームは甘くはありませんが、クラブの目に止まったのにはやはり理由があるはずです。

その理由のひとつに、「サッカーを理解してプレーをしているか」が挙げられるでしょう。そして、選手にサッカーを理解させるには、チームや指導者が「分析」を行っているかも重要な点です。

サッカー分析を行うことで、選手もうまくなるための“納得”を手に入れる

分析と一言にいっても、その種類や方法は様々です。2016年に降格の危機に立たされていたホッフェンハイム(独)は、29歳の指導者を大抜擢し、見事、危機を脱出しました。そのときに活用されたのが、同チームをサポートしていた「SAP社」のテクノロジーです。

同社は2006年からドイツ代表もサポートしています。ビッグデータ分析ツール『SAP Match Insights』は、高精度カメラで選手の動きをトラッキングし、さまざまなデータ取得を行っています。

このような「データ分析」は、客観的に選手のプレーを数値化し、チームのSWOT分析に活用さます。

こういった分析には、多額の設備投資が必要であるため、欧州リーグでもほんの一握りのクラブしか採用していません。その他のクラブは「分析官」を置き、人によって分析されます。

分析官を下部組織から置いているクラブは多く、取られたデータは、移籍の際のエビデンスデータとしても取扱されることがあります。選手の出場記録などの基本的なデータから、プレーの特徴やその変化など、事細かく記録されます。

チームの監督にデータが共有されることで、チームをどのように向上させて行けばよいかの材料となります。つまり、「今日の試合は良かった」で終わらせることは、監督が仕事をしていないのと一緒となのです。

さて、チーム分析をするということは、選手のプレーも「丸裸」にされる訳ですので、選手自身も強みや弱みが明白になります。最終的には選手が自分で納得してプレーをすることで、パフォーマンスが向上するのですが、その納得するための「材料」をチームが用意しているかが重要です。ここに欧州の選手が若くして檜舞台に立てる理由があります。

つまり監督やスタッフはサッカーを分析する義務がある

サッカーの分析は、現代において必須と言える時代になっています。

サッカーが集団スポーツであることを前提として、より認知と判断をはやく正確に行えるかが問われている現代サッカーで、「みんな、よく頑張った」の一言で終わる指導者が、選手の未来に何を残せるでしょうか。

専門のスタッフがいなくても、サッカーの分析は行えます。サッカーがどのように構成されたスポーツで、どういった性質を持っているのかを理解していれば、クラブやチームのフィロソフィーに沿った分析ができるはずです。

「サッカーはチームスポーツ。チームとして機能するにはまだ時間がかかるし、それを踏まえて発展していかなければならない」。こう言葉を残したのは、先日、現役を引退したフェルナンド・トーレス氏。日本人の技術を認めつつも、サッカーを理解している選手は、まだまだ少ないと金言を残してくれました。

「見る」から「観る」へ。今だからこそ、分析が日本でも一般的になる必要があるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です