サッカーが上手くなるために欠かせない!空間認知能力を高めるトレーニングを紹介!

子供の頃に養っておかなければならないとされる空間認知能力。特に外で遊ぶことが減っている現代の子供たちにとって、今すぐトレーニングで高めるべき能力といえます。

そこで、『YouTube』にある「本気の小学生へ向けたサッカー上達ボディコーディネーション」のクロスエアーのトレーニング動画を紹介します。浮いているボールの処理が苦手な子供も多いと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

日常生活にも通じている空間認知能力

「空間認知能力」とは、モノの形、位置、方向、大きさなどの状態や位置関係をすばやく正しく判断できる力。スポーツのみならず日常生活でも重要視されてきています。

サッカーにおいて空間認知能力の高さは、ボールの軌道や速さ、他の選手がどこにいるかなどを瞬時に見極めるなど、プレーの質を高めることにつながります。空間認知できていないと、浮いているボールがどこに落ちてくるかわからず、しっかりとヘディングできなかったり、相手に先にボールに触られたりしてしまうのです。

体の小さな選手でも大きな選手と戦える

ヘディングが強い選手とは背が高い選手ではなく、空間認知能力が高い選手であると言われています。例えば、バロンドールにも選ばれたことのある、元イタリア代表・カンナバーロ選手。身長176センチとセンターバックとしては小さな体格ながらも、空中戦では体の大きなFWに当たり前のように競り勝っていました。

体が小さい、足が遅いと悩んでいる子供も、空間認知能力を高めることで、身長差・スピード差を埋めることができます。

このようにサッカーで欠かすことのできない空間認知能力。子供の頃に身につけておくことで、大きくなってからもサッカーが上達しやすくなるとされています。まずは動画のクロスエアーのトレーニングを実践してみましょう。


動画:YouTube『【クロスエアー】みんなが苦手な空間認知を高めよう!今すぐやるべきトレーニング!』
アイキャッチ:https://www.youtube.com/watch?v=PZjEz-5fUJI&t=187s
空間認知能力:https://kodomo-manabi-labo.net/spatial-perception

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です