久保選手もやっていたトラップ・パストレーニングでチームのボールポゼッションを高めよう!

kubo-child

試合中、チームを優位な状態にするには、ポゼッション(ボール保有)が大切になってきます。

ポゼッションを高めるには、グループやチーム単位でのトレーニングがメインとして想像できると思います。

ただ、どれほど上手くポジショニングが取れても、トラップやパスをミスしてしまってはボールは相手のものになってしまします。やはり、戦術的理解と個々の技術が伴ってこそ、安定したポゼッションが実現できるといえます。

シンプルなのに“ちょっとの意識”でトレーニングの質がグッと上がる

ということで、ポゼッションの向上に貢献できる対人レーニングを紹介していきます。トレーニングはマジョルカでプレーする久保建英が幼少期にやっていたもの。内容はとてもシンプルですが、ちょっとした意識付けで実践に近い状況を作り出す、試合で使える「生きた」トレーニングとなっています。

soccer-banner
kubo-child

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です