コラム

コラム

数字や学年の変化と子どもの成長は比例しない。U10・11年代におけるドイツサッカー協会の取り組み

これまでのコラムではU8、U9年代を取り上げて、戦術をどのようにトレーニングに落とし込むべきかについて論じてきた。今回からはU10、U11年代における取り組みについてまとめていきたい。 ドイツのU10・11(小学校3、4…

コラム

「長時間=うまくなる」に根拠なし。スポーツ科学にもとづいたトレーニングオーガナイズを意識しよう

甲子園の季節がやってきた。全国のお茶の間に感動を呼ぶ球児の姿は、日本の風物詩ともいえる。今年はその大会を目指す県大会で、物議を醸す事件が起きた。大船渡のエース投手が岩手県大会決勝で、疲労軽減を理由に出場せず、チームは10…

コラム

指導の質か入団のしやすさか――。グラスルーツの発展にさまざまなクラブがあることは悪いことではない

グラスルーツの充実と拡大は、日本サッカーの底上げになくてはならない存在だ。運営、指導、保護者との連携など、良くしようと励んでいる指導者も多くいる。※グラスルーツだけだと広義なので、ここではJFAにチーム登録して公式戦に参…